未分類

ブリッジ・入れ歯・イプラント結局どれが一番?

現在、歯を失った場合の治療法としてはブリッジと入れ歯そしてインプラントがあります。
そして、それぞれにメリットとデメリットが存在するのでどれが一番適しているかは人それぞれです。

ブリッジと入れ歯は昔からある治療法で健康保険も適用となるために少ない費用負担でも可能なことがメリットです。
しかしブリッジの場合は隣り合う歯を削らなければならないというデメリットがありますし、入れ歯も若い方にとっては抵抗感が強いものです。

そこで健康な歯を削る必要がなく見た目も自然なインプラントが人気を集めているのですが、健康保険が使えないために高額な費用負担が必要となります。
また、手術や定期的なメンテナンスを必要とするので持病のある方や高齢者にはハードルが高いというデメリットも存在します。
若い方で隣り合う歯が健康な場合は、自然で寿命も長いインプラントが適しているといえるため、費用の問題さえクリア出来れば治療結果に満足出来ることがほとんどです。
どうしても費用負担がネックになる場合はデンタルローンの利用やお金が貯まるまで部分入れ歯を使用するという方法もあります。

隣り合う歯が両方とも大きな虫歯で被せ物が入っている場合は、ブリッジも良い選択ですがインプラントより寿命は短くなるので先のことも考えておく必要があります。
健康保険のブリッジは見える部分に銀色が使われることも多いので見た目を気にされる方はセラミックなどの自費診療にすると自然に仕上げることも可能です。

入れ歯もインプラントと比べると寿命が短いですが壊れても修理や作り直しが容易なことがメリットです。
まずは健康保険で入れ歯を作って満足出来ればそのままでも良いですし、自然な見た目や快適性を求められるなら自費で作り直したりインプラントに移行するのも良い方法です。

また最近ではインプラントの技術が非常に進んでいるため、過去に一度断られた経験をお持ちの方も今なら治療可能であるケースも少なくないので諦めずに難症例を多く手掛けている専門医の受診をおすすめします。
基本的にインプラントは一生ものであるといえますが、長持ちさせるためには毎日のお手入れや歯科医院での定期的なメンテナンスが必要不可欠なので事前によく説明を受けることが大切です。
しかしブリッジも寿命を延ばすためには定期検診で虫歯や歯周病のチェックなどを受けることが必要なので、高齢の方などで通院が難しい場合は入れ歯を選ばれる場合も多いです。