未分類

歯石は歯科医院にある専用の器具でないと除去できない

虫歯や歯周病予防の基本は、日々のセルフケアによるプラークコントロールです。
虫歯や歯周病は、細菌感染が原因で発症します。
プラークは、虫歯や歯周病の原因細菌が増殖して塊になり歯の表面に付着したものです。
細菌のコロニーがプラークなので、丁寧に取り除く必要があります。

多くの方はセルフケアの歯磨きを毎日していますが、その中心アイテムは歯ブラシという方がほとんどです。
歯ブラシは、歯の表面の広めの箇所のプラークを擦り落とすのに適しています。
しかしプラークは歯と歯が接している面や歯間の歯茎にも付着し、こうした部分は歯ブラシではきれいにできない部分です。
歯と歯の接する面や歯間の歯茎のプラークは、糸状のデンタルフロスで擦ったり歯間ブラシを正しく使うことで取り除くことができます。

歯科医院に行くと、患者さんひとりひとりに合った歯磨きによるプラークコントロールの方法の指導を受けることが可能です。
デンタルフロスや歯間ブラシの選び方や使い方も教えてもらえます。
また歯と歯茎の境目や一番奥の歯の裏側は、タフトブラシといって毛先が1本にまとまっている歯ブラシを使うと効率的です。

毎日の歯磨きの磨き残しのプラークは、時間が経つと唾液の中のカルシウム分などが決着して歯石になります。
歯石は歯周病の原因細菌のコロニーですが、歯石になってしまうと歯ブラシでの除去は困難です。
よって、付いてしまった歯石は歯科医院で専用の器具・スケーラーを使って取り除いてもらう必要があります。

大阪の守口の歯科医院で治療を受けるときれいに歯石を除去してもらえると有名です。
歯石が歯に溜まってしまっているという方は行ってみましょう。

スケーラーは、歯石を掻きだして取り除くための細い金属の器具です。
歯科医院では、超音波や水流、吸引器を使いながらスケーラーで歯と歯茎の境目や歯間、歯茎の下に溜まってしまった歯石を除去します。
歯石の溜まっている場所や量によってはスケーラーを使った除去の際に痛みを感じることがありますが、歯科医院では必要に応じて麻酔の処置をしてもらえるので安心です。
歯石があると、歯肉炎から歯周病、細菌の腐敗による口臭の原因になってしまいます。
毎日しっかり歯磨きをしているという方も、磨き残しのプラークから歯石ができてしまうので要注意です。

口の中の健康維持と口臭の予防のためには、まずは歯科医院で自分に合った歯磨きのし方、デンタルフロス・歯間ブラシ・タフトブラシなどの使い方をマスターしプラークの除去率を上げることがポイントになります。
磨き残しのプラークからできてしまった歯石は歯科医院で専用の器具スケーラーを使わないと除去できないので、定期的な間隔で歯科医院を受診し歯磨きのチェックとスケーラーなど専用器具を使った歯石クリーニングを受けると安心です。