歯石除去は歯医者で

口内ケアの基本は毎日の歯みがきと定期的な歯医者の受診です。
毎日しっかりと歯ブラシを当てているつもりでも、みがき方の癖などでブラシの当たらない場所が出てきてしまいます。
すると、落としきれなかった汚れをもとに細菌が歯垢(プラーク)を形成し、さらにミネラルと結合することで歯石ができます。
歯垢は丁寧な歯みがきで除去できますが、一度歯石になってしまうと歯ブラシでは落とすことができません。
歯石は凹凸があったり、みがきにくいところにできやすいため、新たに歯垢が溜まってしまい、歯石がどんどん増えてしまう危険があります。

歯石は直接虫歯に結びつくことはありませんが、放っておくと口臭や歯周病を引き起こします。
歯石は歯垢と同じく細菌の塊です。
この中に歯周病を引き起こす菌が含まれており、硫化水素やメチルメルカプタンなど、硫黄のような臭いのガスを出します。
さらに、これらの細菌や細菌が出す毒素と戦うために、免疫細胞が活性化し炎症を引き起こします。
この時に出る膿も口臭の原因のひとつです。

放置しておくと一体どうなる?

炎症が進むと歯茎の腫れや出血など、痛みを感じる症状が出始めます。
健康な状態では歯と歯茎の間は、密着して細菌の侵入を防いでいますが、炎症が進行すると隙間が空いてしまいます。
この隙間が歯周ポケットです。
歯周病菌は嫌気性菌という空気を嫌う菌の一種です。
そのため、歯周ポケットで増殖した歯周病菌は、空気が届きにくい歯と歯茎の間のわずかな隙間を求めて、奥へ奥へと深く入り込みます。
すると歯周ポケットはどんどん深くなり、細菌のすみかになって口臭を引き起こしたり、歯がぐらつき始めて、やがて抜けてしまうといったことが起こります。

最悪の場合歯を失ってしまうなど、深刻な症状を引き起こす歯周病。
歯ブラシを持つ人たち歯垢は早いと2日程度で歯石になってしまうとされ、毎日の歯みがきで歯垢を溜めないことがとても大切です。
同時に、歯医者での定期的な診察と、必要に応じたクリーニング処置が、歯の健康寿命を延ばす重要な鍵といえます。

歯医者で受けられる歯のクリーニングには、保険適用のものと、保険適応外のものがあります。
スケーラーと呼ばれる道具を使った歯石の除去は、保険適応の範囲です。
歯石の除去は保険適応の処置だけで充分といえますが、予防という観点で優れた効果を発揮するのが、保険適応外のPMTCです。

PMTCはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯周病や虫歯の予防を目的としたクリーニングです。
専門の器具を使い、バイオフィルムと呼ばれる細菌の塊を除去することで、虫歯や歯周病を予防します。
また、歯の表面を磨き上げるため、汚れが付きにくくなる効果があります。

口内ケアの意識が高まりつつある昨今、歯医者は予防のために受診するという人も少なくありません。
生涯自分の歯で過ごすために、一歩進んだ口腔ケアに取り組んでみませんか。

◆口腔ケアを取り組むと決めたなら
大阪府吹田市の歯医者は筆者おすすめの歯医者です。
技術・設備どれも優れた歯医者はそうそう見つかりません。
定期検診をお考えの方に是非足を運んでいただきたい歯医者です。

被せ物を目立たないセラミックに変えよう

口元の清潔感は、人の印象を大きく左右する要素です。
銀歯があることで、笑顔に自信が持てないという方も多いと思います。

自然な白さと透明感があり、銀歯よりも耐久性に優れたセラミック。
インレー(詰め物)としてもクラウン(被せ物)としても使われ、歯科治療に使う素材の一つとして、選択されています。
セラミックというと、費用の負担が大きいと思われがちですが、いくつかの種類があり、それぞれ費用や特性が様々です。
オールセラミックは金属アレルギーの心配がなく、銀歯で起こりがちな歯肉の変色も起こりませんが、陶器を素材としているため、強度が低く、奥歯には不向きです。

セラミックの強度をカバーするために、内側を金属で補強したものがメタルセラミックです。
その構造からクラウンでのみ使用されます。
強度が求められる奥歯にも使用されるなど、丈夫で長持ちするのが特徴です。
金属が使用されているので、従来の銀歯のように歯肉が黒ずんだり、アレルギーを発症することがあります。

セラミックの中で最も美しいと言われているのがジルコニアセラミックです。
主にクラウンで使用され、奥歯にも使用できる強度が特徴です。
しかし、複雑な形に加工するのが難しく、インレーではあまり使われません。
また、ほかのセラミックと比べて費用負担が大きいため、複数の歯に施術を行う場合はよく検討する必要があります。

e.maxは2009年に発表された比較的新しい素材です。
耐久性と柔軟性を兼ね備えており、強い力が加わった時にも、自分の歯を痛めません。
強固に接着できるので、治療箇所が再び虫歯になりにくい特徴があります。
弱点は被せた歯の色が透けやすく、美化のために着色しても経年で変色してしまうことがあげられます。
これらのセラミック製クラウンやインレーは、見た目に美しく体に負担をかけない反面、保険適用外のため、費用を考えるとなかなか治療に踏み切れない面がありました。
しかし、2014年から一部のセラミックに保険適用が認められるようになり、これによって歯科治療の選択肢は大きく広がりました。

ハイブリッドセラミックという素材は、セラミックと歯科治療用レジンとを混ぜ合わせたもので、インレーにもクラウンにも使用されます。
保険適用されるのはクラウンのみで、前歯から数えて4番、5番目の小臼歯の治療時に限ります。
柔軟性が高く、汚れが付きにくい点、保険適用すると約9000円で治療できる点が魅力です。
他のセラミックと比較すると柔らかく、すり減りやすいため、奥歯の治療時は強度に不安がありますが、小臼歯においては充分な強度が得られます。
経年によってレジンが変色することがあり、耐久性も他の素材よりは劣ります。
ハイブリッドセラミックは他のセラミック素材との併用が可能です。
治療部位や面積、費用に応じて様々な選択肢のある歯科治療。
それぞれの特徴をしっかり理解して、理想の歯を手に入れましょう。

  • NoImage
    未分類

    歯石は歯科医院にある専用の器具でないと除去できない 虫歯や歯周病予防の基本は、日々のセルフケアによるプラークコントロールです。 虫歯や歯周病は、細菌感染が原因で発症します。 プラークは、虫歯や歯周病の原因細菌が増殖して塊になり歯の表面に付着したものです。 細菌の...

    ReadMore
  • NoImage
    未分類

    部分入れ歯を飲み込んでしまった!?高齢者は注意 入れ歯使用で注意事項の1つに指摘されているものが誤飲です。 ケースとしては部分入れ歯で起こること多く、特に小さい場合などでは就寝中に飲み込んでしまう危険性があります。 非常に稀ではあるものの中には総入れ歯を誤飲したケ...

    ReadMore
  • NoImage
    未分類

    ブリッジ・入れ歯・イプラント結局どれが一番? 現在、歯を失った場合の治療法としてはブリッジと入れ歯そしてインプラントがあります。 そして、それぞれにメリットとデメリットが存在するのでどれが一番適しているかは人それぞれです。 ブリッジと入れ歯は昔からある治療法で健康...

    ReadMore